グアテマラ ラ・プロヴィデンシアII パカマラ(浅煎り)100g

グアテマラ ラ・プロヴィデンシアII パカマラ(浅煎り)100g
販売価格 800円(内税)
豆の状態

大粒、ジューシー、甘みたっぷり
透明できれいなパカマラで、爽やかなコーヒータイムに。

パッケージを開けてまず気がつくのは、おそらく豆の大きさです。
豆の大きな品種といえばマラゴジッペやマンデリンとして知られるインドネシア産のリントン種などですが、このパカマラ種も負けていません。

一般的なブルボン種のコーヒー豆との比較写真

写真の左側のコーヒー豆は一般的なブルボン種ですが、右側のパカマラの大きさがよく分かりますよね!
味わいは、甘みたっぷり、ブルボン種にも似たきれいな透明感あふれる酸味。当店では、もちろん刺すような酸味ではなく、柔らかく、ほんのりと甘みを強調するような酸味を残してこの豆の持つ複雑な味わいを表現しています。

地道な開発が実を結んだ美味しさの果実

もともとバカマラ種は、収穫量アップのためにエルサルバドルの国立コーヒー研究所で開発の始まった品種です。
矮性種で収穫しやすいパーカス種と粒の大きいマラゴジッペ種を掛け合わせ、一回の収穫作業でなるべく沢山の収穫量(重量)を得ようと狙ったもの。一つの品種の開発には数十年の時間がかかるので、パカマラ種は比較的最近、一般的に市場に出回るようになった新しいコーヒーです。

甘み ★★★★★
苦味 ★
酸味 ★★★
香り ★★★★

ふわりと香る明るい印象の香りが心地いい

大粒のパカマラを挽いてみると、固さの無い、まろやかな香りが立ち昇ります。あまり深く煎らずに様々な成分をなるべく残すようふっくらと焼き込んだため、香りも複雑です。優しくて、明るいコーヒーの印象です。

味の特徴

明るくて透明感のある酸味
軽やかな甘みと上品な旨味

煎り具合

浅煎り

ドリップしてみます。
浅煎りなので、膨らみはやわから。でも香りはたっぷりです。お湯を含むと、注ぐ前の乾いた粉の香りとはまた違う、甘くてほんのり華やか、思いっきり吸い込んでみたくなるような、透明感のある優しい香りが辺りに漂います!

アラビカ種 パカマラ亜種 精選法:水洗式/天日乾燥

口の中に広がる旨味と甘さ。
柔らかいきれいな酸味が甘みを強調します。

口に含むと、ドリップしているときの印象の通り、旨味と甘みがたっぷりと広がります。優しい香りと相まって、とってもジューシー。きれいな酸味が後味に広がりますが、酸っぱさはまったくなく、柔らかい酸味でこのコーヒーの明るいキャラクターが際立ちます。

爽やかで軽い飲みごたえなのに味わいは複雑で濃密。
上質なグアテマラ産パカマラをとびきりの一杯に。

飲み終わった後も豊かな味わいが残って、満足感はたっぷり。
香り豊かな焼きたてのパンにも、軽くて上品なチーズケーキのようなスイーツにも、とってもよくあって引き立て合う、品質の良いパカマラ種で、毎日のコーヒータイムがとても楽しみになる品の良いコーヒーです。
ぜひ皆さんもこのジューシーで甘いコーヒーをお試しくださいね。

生産地

ラ・プロヴィデンシア農園
グアテマラ ウエウエテナンゴ
Los Cuchumatanes山脈近郊